2011年度 | 2012年度 | 2013年度 | 2014年度 | 2015年度 | 2016年度 | 2017年度

2017年度論文リスト

  • 2017年4月1日~2018年3月31日

原著論文 / Journal papers

書籍・章 / Book, Book Chapter

国際会議 / Conference proceedings

5. Katsuki Inoue, Sunao Hara, Masanobu Abe, Nobukatsu Hojo, and Yusuke Ijima, “An Investigation to Transplant Emotional Expressions in DNN-based TTS Synthesis,” APSIPA Annual Summit and Conference 2017, Kuala Lumpur, Malaysis, Dec. 2017. (accepted)

4. Sunao Hara, Asako Hatakeyama, Shota Kobayashi, and Masanobu Abe, “Sound sensing using smartphones as a crowdsourcing approach,” APSIPA Annual Summit and Conference 2017, Kuala Lumpur, Malaysis, Dec. 2017. (accepted)

3. Shigeki Kamada, Yuji Matsuo, Sunao Hara and Masanobu Abe, “New monitoring scheme for persons with dementia through monitoring-area adaptation according to stage of disease,” ACM SIGSPATIAL Workshop on Recommendations for Location-based Services and Social Networks (LocalRec), California, USA, Nov. 2017. (accepted)

2. Shota Kobayashi, Sunao Hara, Masanobu Abe, “Prediction of subjective assessments for a noise map using deep neural networks,” Proceedings of UbiComp/ISWC 2017 Adjunct, pp.113–116, Hawaii, Sept. 2017. (Poster)

1. Kei Tanaka, Sunao Hara, Masanobu Abe, Masaaki Sato, Shogo Minagi, “Speaker Dependent Approach for Enhancing a Glossectomy Patient's Speech via GMM-based Voice Conversion,” Proceedings of Interspeech 2017, pp. 3384–3388, Stockholm, Sweden, Aug. 2017. (Poster)

総説・解説 / Reviews

2. 原直, “スマートデバイスによる音収録とその応用,” 日本音響学会誌,vol.73, no.8, pp.483–490, Aug. 2017.

1. 皆木省吾,阿部匡伸,五福明夫,柴田光宣, “「夢の会話プロジェクト」と医歯工連携,” 日本補綴歯学会誌,vol.9, no.3, pp.186–190, July 2017.

国内大会・研究会・シンポジウム講演

7. 小林将大,原直,阿部匡伸, “DNN による人間の感覚を考慮した騒々しさ推定方式に基づく騒音マップの作成,” 日本音響学会2017年秋季研究発表会,2-P-36,pp. 623–626, Sept. 2017.

6. 村上博紀,原直,阿部匡伸,佐藤匡晃,皆木省吾, “DNN に基づく差分スペクトル補正を用いた声質変換による舌亜全摘出者の音韻明瞭性改善の検討,” 日本音響学会2017年秋季研究発表会,2-Q-25,pp. 297–300, Sept. 2017.

5. 井上勝喜,原直,阿部匡伸,北条伸克,井島勇祐, “DNN音声合成における話者と感情の情報を扱うためのモデル構造の検討,” 日本音響学会2017年秋季研究発表会,1-R-44,pp. 263–266, Sept. 2017.

4. 阿部匡伸, ” ログ活用も螺旋状に進化する,” イベント企画「デジタルとアナ“ログ”の共創 -ログの先に見える未来-」 , 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017),Sept. 13, 2017. LINK

3. Masanobu Abe, “Sound sensing using smartphones as a crowdsourcing approach,” Big data and cyversecurity to create advanced ICT society, Okayama Information & Communication Symposium, Okayama, Japan, Sept. 10, 2017. (invited talk)

2. 畠山晏彩子,原直,阿部匡伸, “環境音収集に効果的なインセンティブを与える可視化方式の検討,” マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2017), pp. 255–262, 2A-3, July 2017. [査読有] (2017-06-28)

1. 井上勝喜,原直,阿部匡伸,北条伸克,井島勇祐, “DNN音声合成における感情付与のためのモデル構造の検討,” 電子情報通信学会技術研究報告,vol. 117, no. 106, SP2017-5, (PRMU2017-29), pp. 23–28,June 2017. IEICE

その他,研究集会,一般講演等

1. IoT時代を担う世代による情報処理技術研究会(第4回岡山大・広島市立大合同ゼミ),July 25, 2017. LINK

  • 朝田興平,”スマートデバイスで収録した環境音を用いたGMM-UBMに基づく賑わい識別器の検討”
  • 小林将大,”DNNによる人間の感覚を考慮した騒々しさ推定方式に基づく騒音マップ作成”
  • 床建吾,”基本周波数変形を考慮したスペクトル変換手法の検討”
  • 井上勝喜,”DNN音声合成における平常音声から感情音声を合成するためのモデル構造の比較”
  • 髙瀨郁,”作業用BGM検索のためのSVMに基づく楽曲分類”
  • 畠山晏彩子,”思い出を共有するための会話を支援するライフログブラウジング方式の研究”
  • 村上博紀,”DNNに基づく差分スペクトル補正を用いた声質変換による舌亜全摘出者の音韻明瞭性改善の検討”
  • 余暁俊,”非日本語母語話者のための音声認識技術を用いた会話支援システムの検討”

修士論文 / Master Thesis

特別研究報告(卒業論文) / Bachelor Thesis

受賞 / Awards

papers.txt · 最終更新: 2017/10/21 10:35 by Abe
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
chimeric.de = chi`s home Creative Commons License Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0